なるべく負担を少なくした工事を行う会社

マンションの大規模修繕工事は約10年から15年の間に一度実施されていますが、平均では約12年で行われているそうです。

そのため大阪でも多くのマンションでこの修繕工事が実施されています。

では何故大規模修繕工事をする必要があるかと言うと、外壁はコンクリートに塗料を施し太陽からの紫外線や雨水から守っていますが、時間が経つとこの塗料も劣化し次第に剥がれてしまいますので、マンションという大切な資産を守り維持していくためにも必要な工事となっているそうです。

そこでこの修繕工事をされているのが「株式会社ACE」です。

こちらの会社は塗装業から創業し平成16年にマンションの大規模修繕工事にシフトし、多くの管理組合さんから依頼を受けています。

また、この工事は生活をしながらの工事となり工期も長くなりますので細心の注意を払わなければなりませんが、「株式会社ACE」は多くの施工実績がありノウハウも蓄えられているのでマンション住民の方が不便なく工事を行えるようにされています。

Comments are closed.