人間の安心感を考慮した建物作り

日本耐震診断協会ですが、たくさんの建物は地震が起きたことにより被害や災害などの影響が出ることを止めていきます。

あとは、人命や財産などを可能な限り安全にしていくため、建物のたくさんの調査業務や補強設計、そして耐震改修工事などの実施を第三者の目から判断し実施していきます。

木造住宅は言うまでもありませんが、SRC造やS造、RC造など、日本耐震診断協会もしくはその協会員が耐震診断や耐震補強設計などを実施していきます。

また、建物を新たに建築していくにあたり、人命をより安全に確保できるよう監理や施工、そして設計などをしていくことで、人間が安心感を得ながら過ごしていける住宅や建物を発信していくことに努めています。

日本耐震診断協会ですが、建物の外壁の劣化調査ではロープアクセス工法を用いた打診調査や打診診断をしています。

ロープアクセス工法というのは外壁補修工事もでき、足場を作る必要がないので外壁補修工事にかかる費用を大幅にカットすることができます。

Comments are closed.