建物のタイル浮きのチェックは赤外線調査が有効

こちらのサイトは、赤外線などにより建物の非破壊検査を行っている会社です。

築年数の経過したマンションなどの建物では、外壁に張られたタイルがコンクリートから剥離し浮きあがった状態になっていることがあります。

このような外壁タイル浮きが発生しているか調べるには、ハンマーでの打診という方法もありますが、赤外線調査なら足場を組まずに広範囲の外壁を調査することができます。

赤外線カメラで外壁を撮影すると、外壁タイル浮きの見られる個所に特徴的な温度変化をとらえることができます。

タイルの落下事故を防ぐためにも、定期的にチェックを行うのがお勧めですが、こちらでは複数回の依頼で割引になる料金システムなども用意されています。

電話で相談を受け付けているので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.