柏市の新築戸建て「ポラスグループ」

埼玉県・千葉県・東京都に住宅を提供し続けている「ポラスグループ」は、千葉県の柏市にて新築戸建ての物件を数多く取り扱っています。この柏市は、千葉県北西部の拠点となれる立地に恵まれていて、特に東日本旅客鉄道および東武鉄道の柏駅周辺は、千葉県を代表するショッピングタウンとして繁栄しています。元々、柏は水戸街道沿いの集落だったのですが、明治時代になり常磐線の柏駅が建設されると、交通の面で大きく便利になりました。なお、近年では西部に「柏の葉エリア」が開発され、産学共同プロジェクトの拠点として注目されています。次に、公式サイトで紹介されている物件の中から例を挙げていきます。まず、東中新宿1丁目に建設予定の「柏の森×HITO-TOKI南柏・新柏」は、東武アーバンパークライン「新柏駅」から徒歩12分の場所なので便利です。家族の絆を深める「森と共存する街」をコンセプトにしている全53邸で、間取りは2LDKから3LDKとなっています。

続いて、篠籠田の「Life is 柏25プロジェクト」は、柏駅より徒歩26分の場所を予定していて、間取りは「3LDK・ステージリビング・土間収納・パントリー・2ウォークインクローゼット」から「3LDK・スキップSOHO・土間・ストックスペース・リネン庫・パントリー・ウォークインクロゼット・吹抜け」となっている全25邸です。周囲には緑地が多いため、豊かな時間を過ごせて子育てにも最適です。

Comments are closed.